3.労災によるトラブル

会社や社員のことで、こんなお悩みはありませんか?

  •   外回り中の営業社員がパチンコ屋から出てきた。

  •  労災で休んでいる人がネットカフェに入っていくところをたまたま見かけた。

  •  昇進させたい人物の動きが見たい。

  •  社員の立回り先や交友関係を捉えたい。

  •  社内の情報が漏れている気がする。

具体的な調査内容

調査事例

依頼内容
術後半年が過ぎ、一年が経過しても社員Bは怪我した手が痺れるなどの理由で休業し続けていたことに不信感を覚え、当社へのご依頼をいただく。
事例No. No.4
案件 素行調査
相談者 企業代表者
対象者 従業員B
調査日数 6日間

調査内容

建設作業に従事する従業員Bがクレーン作業の玉掛けで誤って右手親指を損傷する事故が発生した。
事故は労災扱いとなり、従業員Bは必要な手術や治療を受け、休業補償その他手厚い手当てを受け取っていた。

術後半年が過ぎ、一年が経過してもBは怪我した手が痺れるなどの理由で休業し続けていた。
従業員Bの素行調査を実施すると、週に5回以上パチンコ店で開店~閉店まで遊興に費やしていたことが発覚した。

(調査後)
お客さまは証拠をもとに厳重注意し、不正を咎め治療に専念するよう指導された。